台湾旅行メモ 1997

Last edited on 2013/03/03 - 14:17
  • 日程:3/29?4/2
  • 航空券 ITツアーセンターでNW利用 4万1700円
  • ホテル 慶泰大飯店(GALA HOTEL) Twin Room

    2200元x3 + 2500元 = 9100元 = 42000円. 勝美旅行社に依頼した。理由はただ現地旅行社に頼んでみたかっただけ。部屋はまあまあ広く清潔。台北駅からやや離れているが、駅へ行くバスはたくさんある。ただ、駅前のホテルの方が断然便利。4月1日から300元値上げなので一泊分だけ値段が違う。

  • 為替レート 1元 = 4.6円
  • 空港->市内: 松江空港行きリムジンバスで、美麗華大飯店(ミラマーホテル)で降りて、ホテルまで1Km歩き。(115元)
  • 市内->空港: 台北駅までバス(12元)。台北駅からリムジンバス(115元)。

1997年3月29日

夜10時過ぎ、リムジンバスを降りて、ホテルへ向かう途中のセブンイレブンで夜食を買う。

夜食

1997/03/30 - 00:00 - 深夜に到着し、セブンイレブンで夜食を買った。

蜂蜜れもん 10元
楊桃汁(Carambola Juice)10元
ちまき(金粽)35元
水(統一礦泉水)600ml19元
c台湾
  • 蜂蜜れもん 10元

    日本と全く同じ

  • 楊桃汁(Carambola Juice)10元

    面妖な味。楊桃とはスターフルーツのこと。すごく甘い。様々な種類のパックがあるが100%ジュースというのはないようだ。屋台などでは100%ジュースを売っている。

  • ちまき(金粽)35元

    はじめて口にするものがこれである。「バックパッカーパラダイス」にもでてきた、コンビニで売ってる冷凍ちまきを買った。電子レンジで温めてホテルに持っていって食べる。さすがにおいしい。大きな栗と豚肉が入ってる。

  • 水(統一礦泉水)600ml 19元

    とりあえず習慣で水を買う。まあ、役に立ったが結局この一本しか買わなかった。


1997年3月30日

ホテルを出て台北駅方面にぶらぶら歩く。途中の屋台で餅を買い、近くの公園で食べる。

朝食その1

1997/03/30 - 00:00 - 朝ご飯。屋台で大根餅を買い、近くの公園で食べた。
c台湾
  • 大根餅(オイスターソース風味のたれ)
  • サンドイッチ
  • 柳橙汁(オレンジジュース)
  • 熱珈琲(甘ーい)

全部で80元.こちらのコーヒーはデフォルトで砂糖入り。大根餅みたいなものは鉄板の上で焼き、オイスターソース風味のたれをかけて食べる。以後、この味にはあちこちで出会う。

さらにぶらぶら歩き、麺の店をみつける。温州大というのが店先に大きく飾られている。


朝食その2

1997/03/30 - 00:00 - 朝ご飯その2。温州大餛飩 45元と麻醤麺 35元 c台湾
  • 温州大飩 45元

    これはワンタンのことだった。温州大飩はそこらじゅうにあることがわかった.

  • 麻醤麺 35元

    胡麻味噌味の麺。こちらもなかなかいける。

忠烈洞から孔子廟まで歩く。途中、屋台でつまみぐい。


おやつ

  • 薩摩揚げみたいなもの 25元
  • 砂肝(たぶん) 25元
  • うづらの卵 25元
  • アメリカンドッグ 25元

全部、串にさして売っている。

さらに歩き、安食堂を見つけたのでここでお昼にしてしまう。

昼食

1997/03/30 - 00:00 - 魚肉飯 20元
白身の魚にあんかけ 35元
海老とグリーンピースとねぎの炒 50元
魚の味噌汁 38元 c安食堂でのお昼ご飯
  • 魚肉飯 20元
  • 白身の魚にあんかけ 35元
  • 海老とグリーンピースとねぎの炒 50元
  • 魚の味噌汁 38元

大衆的なカフェテリア方式の店。魚肉飯はたいへんポピュラーなようだ。ガイドブックによれば魚肉といっても魚ではなく豚肉らしい。ちょっとくせのある味だ。味噌汁はもうちょっとダシが効いているといいのだが。

孔子廟、保安宮を見た後、地下鉄で士林へ向かう。地下鉄はなぜか無料だった。オープンキャンペーン期間中かも。士林でお茶を飲むことにする。


お茶

1997/03/30 - 00:00 - 孔子廟 c孔子廟
  • 鉄観音 350元
  • チャージ 120元
  • おかし(小魚とナッツ) 70元
  • サービス料 10%

士林にある采葛亭という茶芸館でお茶した。120元x人数のチャージがかかる。結局、お茶は全部使い切れず、袋に入れてもらって持ち帰った。最初の一回は店の人にお茶を入れてもらった。やりかたはいろいろあるようだ。もちろん、香りを楽しむための長細いのもある。たいへんいい香りがするので驚く。

士林夜市を歩く。ものすごい人である。


夕食

1997/03/30 - 00:00 - 胡しょう餅 25元
蚵仔麺線 20元 c士林の夜市で - 台湾
  • 胡しょう餅 25元
  • イカ焼き 80元
  • トマト飴 25元
  • 仔麺線 20元

士林の夜市でつまみ食い。イカ焼きはトウガラシをかけてもらったのでとても辛くなってしまった。でも大変おいしい。トマト飴はミニトマトに切り込みを入れ、黒っぽいものを挟んだものを飴でコーティングしたもの。仔麺線は、牡蛎が入った細い麺。線麺は箸を使わずレンゲで食べる。


1997年3月31日

今日はバスで台北駅へ。まずは腹ごしらえ。

朝食

1997/03/30 - 00:00 - 故宮博物館 c故宮博物館
  • 担仔麺 40元

台北駅の2階で台湾生まれの名物麺を食べる。卵入りで大変薄味。醤油をがばがばかける。この麺のスープだけが他とちょっと違っていた。バスで故宮博物館へ。バスがなかなかみつからず苦労した。故宮博物館までは通常の倍の24元。ついたとたんにお昼にする。


昼食

  • ほたるいか
  • 茶いろくないめんま(?)の炒め
  • 白飯 70元
  • いかと野菜の炒め 180元

故宮博物館の横のレストラン、故宮福利餐庁で。カフェテリア方式。このときは現金がなくて不安だったので、まずお皿におかずを2種類とご飯だけ取る。これで70元。まだちょっと現金があったのでさらに一皿追加。ガイドブックによるとここは知る人ぞ知る名店とのことだが、確かにうまい。ほたるいかは結構あちこちでみかけた。

お茶

1997/03/30 - 00:00 - 龍山寺 c龍山寺
  • 香片(ジャスミン茶) 70元
  • 月餅 60元
1997/03/31 - 00:00 - 龍山寺のおみくじ cFlickr

故宮博物館の4階の喫茶室で一休み。もちろんお茶はいくらでもお湯を注いでもらえる。バスで台北駅へ引き返し、バスを乗り換えて龍山寺へ。さらに華西街観光夜市へ。


おやつ

  • 甜蔴米煮 25元
  • 緑豆粥 20元

華西街観光夜市で。粥といってもご飯が固い。ついでに甘い。おしるこに近い気がする。もう一つのほうはあべかわ餅のようなもので、餅にキナコをかけて食べる。 バスでホテルへ帰る。

夕食

1997/03/31 - 00:20 - バイキング式の夕食
cレストラン甲天下
  • バイキング 239元

夕食はホテル向かいのレストラン甲天下へ。1階は普通のレストランで、2階、3階がバイキング方式らしい。最初に一人239元払ってからテーブルに案内してもらう。テーブルには鍋があり係の人は火をつけていってしまう。あとは自分たちで材料を取ってきて調理する方式。鍋は回りで焼きものができるようになっており、シンガポールで食べたスチームボートのようだった。材料は鍋用の野菜、魚、練りもの、あとは焼肉、点心もある。果物、デザート類もちゃんとある。ただ、全体的にいまいち。値段相応か。


1997年4月1日

きょうはなぜか台北駅の2階が休みだ。そのまま南の公園の方へ歩く。途中の安食堂で朝飯。

朝食

  • 大腸麺線 30元
  • 大根餅 25元

大腸麺線はもつが入った細い麺。相変わらずおいしい。うれしい。

お茶

  • 冷蜜茶(小) 20元
  • 梅子茶 25元

繁華街の飲みもの屋さんで。実に多くのお茶があって迷ってしまう。梅子茶はなかなか元気のでる味。梅子茶はかなりの量。冷蜜茶は大と小があったが、小でも十分な量。総督府、中正記念公園を回って駅へ戻る。

昼食

  • 仔煎
  • チャーハン
  • 魚丸湯

合わせて130元。 三越地下のフードコートで。エレベータを降りてびっくり。雰囲気に 圧倒される。 虫可仔煎は、牡蛎の入ったお好み焼き。これはおいしい。魚丸湯は魚のすり身の団子が入ったスープで、薄味でおいしい。チャーハンはごくあたりまえのチャーハンだがやっぱりおいしい。やはり台湾ってすごい。買いものをしてから飲茶をする。老爺大飯店2階の明宮というレストランで。

飲茶

  • プーアール茶
  • 餃子
  • シュウマイ
  • 小籠包
  • 芝麻球(ごまだんご)
  • 杏仁豆腐

老爺大酒店(Hotel Royal Taipei)の中のレストランで、合わせて495元.ここはちょっと失敗。着いたのが2時頃で、飲茶は2時30分までということだった。食べている最中に回りをどんどんかたづけられて、ちょっと不快。点心も一部は残りものがきた。(一部はちゃんと作ってくれた)。あまりおいしくなかった。ごまだんごは別のところで食べ直したがやっぱりここはまずかった。おまけに勘定を間違えられた。

いったん、ホテルに戻り、近くの行天宮へ。途中でおやつを食べる。

おやつ

  • 筒仔(たいこ)やき(今川焼きみたいなもの)
    • あんこ 5元
    • 切り干し大根 5元

道端で売ってる今川焼きのようなもの。中身はあんこ以外にもピーナツバター、カスタードクリームなどがあった。5元と大変安い。皮はとても薄くてぱりぱりしている。ホテル近くの四川料理店、栄星川菜餐庁で。

夕食

  • キュウリのつけもの
  • 豆腐のそばサラダ?

    よくあるものらしい。別の場所でもみかけた。歯ごたえがあっておいしい。

  • 蒜泥白肉

    シャンニーバイロウという四川料理の定番とのこと。豚肉と大根薄片にニンニク風味のたれ

  • 麻婆豆腐

    割と薄味だが、辛さだけは辛い。油っこさがあまりない。

  • 白飯
  • アスパラスープ

    アスパラとえのきと豚肉が入ったあっさりスープ

  • 糖醋魚捲

    黄魚をユバでまいて揚げたものにあんかけ。これが大変美味であった。なんの魚かしらないが白身の魚をユバで巻いて揚げたものに甘ずっぱいあんかけがかかっている。

  • 芝麻球

    ごまだんごの食べ直し。中はあんこではなくごまだれ。おいしかった。

大満足の夕食だった。 1485元

1997/4/2

早起きして、空港へ向かう。まず台北駅までバス。台北駅からリムジンに乗る。

朝食その1

  • 寿司 55元
  • ホットコーヒー 25元

初めてまずいものに出会った。台北駅近くのバスターミナルの中の売店で買ったパックされた寿司。ひとくちでやめて捨てた。

朝食その2

  • 粥(かぼちゃ入り) 30元
  • 餃子 60元
  • 春巻 90元+10% = 198元
  • 粥(かぼちゃ入り) 30元
  • 肉包 90元
  • めんま 40元+10% = 176元

口直しに空港のカフェテリアで朝食。まあまあ。値段は高い。

昼食

NW機内にて。これが意外においしい。オレンジジュースに「円山空厨(Grand Hotel Flight Kitchen)」と書いてあったので、料理もここのものだろう。