USA1985 - ニューヨークとボストン -

Last edited on 2014/04/20 - 14:40
ロックフェラーセンターのスケートリンク

NY ー1985年3月2日

初めて訪れた海外の都市はニューヨークだった。最初の1泊だけいいホテルを取り、次の日にYMCAに移った。「地球の歩き方」を頼りにして街を歩いた。

そもそも「地球の歩き方」を見てこんな本があるのかと感動して出かけてきた旅行である。ダイアモンド社の説明会を聞いて、航空券の手配やグレイハウンドバスのパスもお願いした。クレジットカードを作り、最初のホテルの手配もやってもらった。そんな風にして出かけてきた。

ロックフェラーセンター

ロックフェラーセンターのスケートリンク

セントパトリック大聖堂

セントパトリック大聖堂

セントパトリック大聖堂

セントパトリック大聖堂の前を走るYellow Cab

騎馬警察官

馬に乗った警察官

フェリーから見たマンハッタン

フェリーから見たマンハッタン

MOMAの中庭

MOMAの中庭

着いた翌朝、ホテルのエレベータの中で年配のご婦人に「おはようございます。旅行者です。昨日着いたばかりなんです」と話しかけた。英語で話してみたくてしかたがなかったのである。意外と通じるものなんだなと思ったのを覚えている。

チェックアウトが13時なのでぎりぎりまで出かけていたのを記憶している。確か、地下鉄の方向を間違えてほんとに13時ぎりぎりにホテルに帰ってきた。

初日はロックフェラーセンターやら大聖堂やらのあたりを歩き回ったようだが、ほとんど覚えていない。タイムズスクエアでミュージカルの当日格安チケットも買ったはずだ。42ndストリートとドリームガールズを見たように思う。

行きの飛行機で知り合った男と自由の女神を見に行った。経緯は忘れたが、バッテリーパークでニューヨーク駐在の会社員と女子大生二人と知り合い行動をともにした。彼らもこちらで知り合ったとのことで、ニューヨーク駐在の会社員の方が好意でマンハッタンを案内していたらしい。みんなで夕食をとった。

マンハッタンの各地域がどんな風だとか、どこは行ってもいい、どこは危険だ、というような話をしてもらった。バッテリーパークからタイムズスクエアまで車に乗せてもらい、途中の様子を見ることが出来て面白かった。

このとき以来、いろんな場面で親切にしてもらった経験がたくさんあり、逆に、旅行者には親切にすべしとしみじみ思った。

街を歩いていると馬に乗った警察官がいたので「撮っていい?」と聞くと「OK?」だったのでパチリ。NYPDのMounted Unitという部署らしい。それにしてもかっこいい。

NYPD Mounted Unitについて

NYには4日間滞在し、ミュージカルのほか、近代美術館、メトロポリタン美術館、自然史博物館などへ行った。記憶にないが写真を見ると雪が降っていたみたいだ。

Boston

Boston Common

Boston Common

Old City Hall

Old City Hall

Old South Meeting House

Old South Meeting House

サイエンスセンター前のマイヤー門近く

サイエンスセンター前のマイヤー門近く

Science Center

Harvard Science Center

Memorial Hall

Memorial Hall

サイエンスセンター前のマイヤー門

サイエンスセンター前のマイヤー門

Harvard Memorial Church

Yenching Library

Harvard Biological Science Building

Lisp Machine, Media Lab. MIT

DEC Mini Computer, Media Lab. MIT

ニューヨークからグレイハウンドバスでボストンへ。そうそう今回の旅行はバスで移動である。そのためにあらかじめ日本でパスを買ってきた。

それから、ボストンでは小学校時代の担任の先生のところにお世話になった。先生のご主人が1年間ハーバードに滞在しているとのことだった。

よく覚えていないが、ボストンコモンの角にある地下鉄の駅の出口で待ち合わせたような気がする。ボストンコモンというのは公園である。地面に赤い線が引いてあるが、これに沿って歩くと市内観光ができるのだそうだ。Boston's Freedom Trail というものらしい。

3月とはいえ、待ち合わせの日は雪で猛烈な寒さだった。地下鉄の階段をあがり外で待っていたが、凍えそうになり、仕方なく中に入って待っていた。

ハーバードの中をあちこち案内してもらったはずなのだが、ほとんど記憶に残っていない。Yenching Libraryという東アジア専門の図書館の名前だけ記憶に残っている。

これもあまり覚えていないのだが、自然史博物館へ連れて行ってもらったようだ。恐竜の骨だけ印象に残っている。

犀の像があったので撮った。場所がわからなくなってしまったが、ネットで調べるとBiological Science Building とのこと。便利な世の中になったものだ。不明な写真がいくつかあるのであとで調べようと思う

ハーバードからの帰りにバスに乗った。学生でいっぱいだった。待っていた人が皆乗り込んだが、一人の学生が、"one more!" と言った。「あと一人くるからちょっと待って」という意味だった。連れてきていただいた先生が「英語では人も物も One more で済ますからね」というようなことを話した。なぜか、その場面を覚えている。

ハーバードに続いてMITにも連れて行ってもらった。先生がMITのMedia Lab.に滞在している人に頼んでくれて中に入れてもらった。有名なLISPマシーンやDECのコンピュータを見せてもらった。1985年のことなのだが、今から見れば隔世の感である。

あとは、Fine Arts、Boston Tea Partyなどに連れて行ってもらった。