フィジー 1994年

Last edited on 2017/11/16 - 22:18

"水中写るんです"で撮った写真

1994/04/13 - 11:00 - picture taken by 'QuickSnap waterproof' at the beach of Warwick Fiji Resort cFiji Snorkeling

青い魚。深さは2-3mくらい。

1994/04/13 - 11:00 - picture taken by 'QuickSnap waterproof' at the beach of Warwick Fiji Resort cFiji Snorkeling

1994/04/16 - 15:02 - picture taken by 'QuickSnap waterproof' at the beach of Warwick Fiji Resort cPicture under the sea, Fiji

ハマクマノミかな?

1994年4月11日-4月18日にフィジーへ行ったときの写真。

飛行機はエアパシフィックの直行便(FJ303,FJ302)。夜行便なのでフィジーには朝早く到着する。宿泊先は Warwick Fiji Resort。確か8日間のパッケージツアーで14万円くらいだったと思う。当時、1フィジードル=79.61円。

パッケージツアーなので、ナンディに到着するとまず午前中に市内観光。午後にホテルに連れて行ってくれる。

食事は一切ついていない。ビュッフェの朝食が一人$16.5 、昼食が二人で$20くらい、夕食が二人で$50から$80くらい。

浜のすぐそばでのシュノーケリングでもけっこうきれいな色の魚がいた。

Warwick Fiji Resort のビーチ

1994/04/12 - 16:00 - Warwick Fiji Resort cWarwick Fiji Resort

ホテルに着いた時に雨がぱらついたほかは天気に恵まれた。ホテルでは、基本的に、食べて、海で遊び、あとは昼寝するしかないが、滞在客が退屈しないようにいろいろなアクティビティがある。「今日のアクティビティ」という紙が毎朝部屋に配られる。たとえば、やしの木に上るデモンストレーションとか、ホテルの裏で豚の丸焼きをするとかだった。

ホテルでは毎日、日暮れ時にトーチングの儀式が行われる。ホテル内各所に設けられたたいまつに火をともして回るのだ。火渡りの儀式というのを週に何回かやっていた。

また、近くの街のシンガトカやスバへ出かけたりした。スバへ行ったときは、ホテル内でインド人のおっさんと話しているうちに、なんとなく勧められて出かけることになり、手配してもらったというか知り合いの人の車でそれなりのお金を払って連れて行ってもらった。そういう時に片言でもコミュニケーションできると得なことがある。そのインド人のおっさんは「他の日本人カップルは全然会話にならなくて困った」というようなことを言っていた。

あとは、スキューバダイビングもやってみた。そんな感じで1週間はまたたく間に過ぎてしまう。

1994/04/13 - 00:00 - Wicked Walu retaurant at the Warwick Fiji Resort cWicked Walu retaurant at the Warwick Fiji Resort

Wicked Walu というレストラン

1994/04/12 - 16:04 - Wicked Waluというレストラン
cWicked Walu Restaurant, Fiji

Wicked Walu というレストラン

1994/04/13 - 08:00 - The warwick fiji hotel cFiji

1994/04/13 - 08:01 - Warwick Fiji Resort cFiji

1994/04/12 - 17:01 - Wicked Waluレストランの入り口(Waluは魚という意味) cWarwick Fiji Resort

Wicked Walu というレストランへの入り口