南米旅行記 1997年-1998年(チリ編)

South America Travelog 1997-1998(Chile) tenagamon Fri, 04/11/2008 - 23:28

This is South America Travelog in 1997, Chile part. An aim of travel was to see the penguins and glaciers in Patagonia. I went Santiago first, and then I went to Patagonia. On the way back from Patagonia, I stopped at Puerto Montt, and went side trip to Chiloe Island and Osorno and other mountains.

サンチアゴに到着。Hotel Tokyoへ行く。

Arrived at Santiago, went to Hotel Tokyo post_monchan Sun, 06/21/2009 - 11:11

I wrote an original text in Japanese in 1998. This is a translation in English. ===============================================

December 18th, 1997

I arrived in Santiago on the red-eye flight. I left “Arukikata” (Japanese Guidebook) Peru edition and “Exective Orders” Vol.1 by Tom Clancy at the inn yesterday. Regarding Vol.2, I left it at Monte Carlo Hotel in Punta Arenas. My first impression when I landed at the airport Arturo Merino Benitez in the early morning, was it is cold. Why is it so cold? El Nino?

Make a phone call to Hotel Tokyo at the airport. This hotel is listed under the name Hotel Japon in “Arukikata”. Japanese and his Chilean wife, who speaks Japanese well, run the hotel. I talked her on the phone, and booked successfully in Japanese, then I immediately headed to the city. I got out of a terminal building and found ‘Tour Express’ bus stopped, then took it. A ticket might be sold somewhere, but it seemed that I could buy in the bus. I showed the address of the hotel to bus staff and told that I wanted to go there. Nobody cling to me when I got out the terminal building, and there is a nice airport bus, it’s a great difference from Peru. The town is clean and safe, it has a good transportation, things are neat, it is easy to travel in Chile. But it doesn’t have an Asian bustle, there are no cheating guy, phony bastard. Some traveller who love Asia may miss them. I think, rather than watch the lives of people, it is good to see the great nature. The bus came close to Los Eroesu station. The bus staff kindly told me "The street you’re going is other side of this road. the bus stop at the station, you will go back a little down this road”, with pointing out the window. I became to love the country of Chile, because of his experience on the first day. I rang the bell of Hotel Tokyo, old woman came out. I had to imagine a more young, I was a little surprised. Her name is Monica, she married a younger Japanese, and have lived in Japan for 10 years. She said she was going to forget so fast because she didn’t speak Japanese after moving to Chile. Her husband has been working in the city office in Japan. He will retire in three years and come to Chile after that, and she is waiting for it. Until the room I stay is ready, she let me show the video of Japanese TV in the living room. She has many old Japanese potteries and dolls in the dining room and the living room. She bought them from Japanese who lives in Santiago. Japanese immigrants auction antiques brought from Japan when they wanted money. She has a Japanese old gun, and asked me how much it is. I replied it’s a million yen. She bought it at about 300,000 yen. She said it was very cheap.
Hotel Tokyo, Santiago

Courtyard of Hotel Tokyo

The room became ready and I carried the luggage. it’s US $ 35 room with a private shower. It is a little expensive. I can enjoy the chirping of birds and the courtyard with beautiful flower. I recommend for those who like that sort of thing. I asked her if there is a place to wash my cloths, then she said I should go to a laundry shop. A cleaning is cheap because it is fixed price, 2,000 peso per one cleaning even though how many cloths I take to the shop. I got taught mystery spell, “lavado y secado”, it means “washing and drying”. “Hmm, lavado y secado, lavado y secado, …” I decided to the town center first, then go to a laundry shop. First, I went to an AMEX office. Many dirty travelers who are odd with a fine office have come. When I went to the AMEX office, they made a queue. Why they came here? Because at this AMEX office, travellers can exchange their AMEX travellers’ check with US dollar. If you want Chilean peso, the rate from US dollar is good. It is very grateful that we can get US dollar cash in the land of South America. It has no meaning of traveler’s checks if I exchange them with a large amounts of cash, but I will use more and more US dollar while I go around the south of Chile, so I cashed US $ 500. As the Sun rose higher, it became more and more hot. Street at Centro that the vehicles are shut out for pedestrian is very crowded. It seems to have come to the Christmas shopping. I found many people eat a mountain of ice cream while walking. I also tried. There are various Ice cream at the shop what I do not know which is which. I choose Chirimoya ice cream. It is super-heaping. It seems that everyone loves ice cream. I decided to take a lunch at the Central Market. I was looking forward it. When I went backside of the market, I found some restaurants. Men and women at there said to me, “Uni!, Sakana!” (“Sea urchin!, Fish!”) . I entered a small restaurant, and looked for something from the list on the wall. “Paila Marina”, it seemed good, I decided to ask this. Thing that came out is what should be called seafood soup, yeah, it was very delicious. There is also something similar called “Sopa Mariscos”, I did not know where how different. It was 1900 pesos. I found a sea urchin, but it is 3000 pesos, look a bit expensive. I found that it pretty expensive at about 3000 pesos , or 4000 pesos at shops elsewhere. I left the central market, then go to a great church to see inside and Lan Chile office to reconfirm my air ticket. When I go back to the hotel, I found that I forgot the mystery spell. Hmm, it may OK without the spell. I went back to the hotel and I was looking for a laundry shop Monica said to me. It is easy to find, there is a price list at the entrance, and it says “Lavado ... 1000, Secado ... 1000”, I finally remembered the spell. "Lavado y secado, por favor" The spell was right. A man at shop accepted. I forgot how did the conversation, I found to be coming to take Siete (7:00) anyway. I back to the hotel and slept. It’s 10 pm when I woke up. I did not go to take my cloths eventually. I also didn’t have a dinner.
 
 
 
From the spring of 1997 to the spring of 1998, there was the biggest El Nino in 20 century. But in December, it doesn't effect to a climate of Chile. At least it doesn't make it become cold. At Santiago, it was chilly in the morning, but very hot around the noon like a summer of Tokyo.
 
"Lavado y Secado" means "washing and drying"
 
Sopa Mariscos means "Seafood Soup". For "Paila Marina", see Wikipedia
 

サンチアゴの街を歩く

Walking in Santiago post_monchan Sun, 06/21/2009 - 21:19
replica of the mummy of a child replica of the mummy of a child

Fri., December 19, 1997

Santiago is a city of museum, they said. I decided to go one of the museums. I chose Natural History Museum. "Replica of the mummy of a child 500 years ago which was discovered in the highlands of 5000m" and "the oldest rock in the world of one million years ago" seems to be the main attraction.

The museum is located in the park of Quinta Normal. The park is easy to go by about 20 minutes walking from the subway station. I can't help saying, "What a hot it is! It's too hot...", while walking, but it's not so long distance to arrive. After I entered the museum, immediately I realized that I had a difficulty. All Descriptions are written in Spanish. So I have to look at exhibitions with relying on the imagination from a few lines of commentary of "Arukikata" guide book. In fact, I hadn't known the museum had the oldest rock in the world, and on the way of looking, once I knew it by the book, I start to look from the first one again, because I might missed the oldest rock. The most shocked one is that it turned out to be "Only 20 peaces of Rongorongo of Easter Island are remained, and this museum has three of them", after visiting the museum. I missed it, of course. It should be written on the page about Santiago Museums, should not be written on the page of The Easter Island.                         *** I was wandering around the Centro afternoon. There are a lot of strange coffee shops in this area. While it is difficult to have a good coffee, but every coffee shops here serves good one, and the price here is cheap, 340 pesos. I went several coffee shops. How strange are the coffee shops here? Staffs of coffee shops are young beautiful girls and they are wearing a mini skirt, or body conscious costume. In some shops, the girls are wearing T-backs. Large coffee shops such as Cafe Haiti, or Cafe Caribe are located along the main street, and the costume is not so radical. I found some radical costume shops in the mall. Most of customers are white-collar workers wearing a suit. They just drink a coffee. I found a fresh juice shop. But I can't understand the description of the menu at all. I can't imagine a name of fruit which is written in Spanish. Only one I know is Naranha. Then, I ordered the Cherimoya juice. It's so hot anyway, I just drink something cold. I would feel I do not want to go anywhere. Anyway, I went to the hill of Santa Lucia. I would not get tired, because the height of the hill may be not so high. There is an elevator.
santarushianookanoizumi
Fountain of Santa Lucia Hill
Yes, there was an elevator, but it was not running, nobody was here. So, I climbed the stairs. There is a fountain in the plaza of the summit, the children were jumping into it. Ice cream was sold near there, It was very cheap for children. Nice views from the top but a view of the mountains in the distance was faintly visible, it's fine day but it is dirty smog. It's a very different from pictures of postcard. On the way to back, the elevator was moving. An operator of the elevator must have been taking a long lunch break I'm sure.
 
 
How many Rongorongo existing in the world?
According to the site above and Wikipedia, there are 21 (or 20) written on Tablet, and five written on other.
 

中華「新世界」

Chinese Restaurant "New World" post_monchan Sun, 06/21/2009 - 21:24
Hotel Tokyo, Santiago

Saturday, 20 December, 1997

Yesterday, I went a Chinese restaurant for a dinner where an owner of Hotel Tokyo often goes. It's named 'Nuevo Mundo', means 'New World'. I ordered a fried rice (450 pesos), chop suey oriental (1300 pesos), and jasmine tea (400 pesos). I asked, 'May I have chopsticks?'. Then they give me it. It's great. I was happy. As Mrs. Monica said, it's reasonable price. It located an obscure area where is a little walk from Hotel Tokyo to the opposite direction to Centro. But I found one or two groups of tourists. Today, I went there again. I ate a little bit rich dishes. Fried rice, Congrio con Pana (2600 pesos), and Sopa Oriental (950 pesos). I want some Chinese tea at last, but they have only jasmine tea. I should have gone around Cerro San Cristobal, now I really think I should have done, but I stayed at hotel and just lay around. I have borrowed 'Chikyu-no-arukikata guidebook for Easter Island' from Mrs. Monica and read it. It's hot outside, but cool in the room, good for a nap. A garden of the hotel had a strong sunlight. Green was vivid in the sunshine. Birds sang. Flowers bloomed. It's beautiful. I was taking pictures of the garden. I found maid of the hotel napped on the sofa. I spent a serene day. Tomorrow, I will leave here for Patagonia.

 

パタゴニアへ

パタゴニアへ post_monchan Sun, 06/21/2009 - 21:29

1997年12月21日(日) 

ロスエロエスの空港バス停留所へ行くとちょうど Centro Puerto のバスが来ていた。行きは高い方のバス(Tour Express 1000ペソ)だったが帰りは安い方のバス(640ペソ)というわけだ。

夕べ、モニカさんに宿代を払って、これからプンタアレーナスへ行って、それからプエルトモンへ行ってくるというと、いつ帰ってくるんだというので、1月2日だというと、じゃ、予約しときなさい。というわけで、半ば強引に1月2日にサンチアゴに戻ったときにも Hotel Tokyo に泊まることになってしまっていた。

モニカさんという人は、スペイン語を勉強しなくちゃだめだといって無理矢理紙に書かせたり、シャツの下に貴重品を入れているとそんなの一目でわかるからだめっ!と怒ったり、ちょっと小うるさい所があり、気持ちの優しい日本人青年?としては傷つけちゃいけないと思って言うことを聞くようにしていたので、結構疲れた。

彼女は日本語を話さなくなってずいぶん経つので、ときどき単語が出てこない時があり、そんなときはいらいらして怒っちゃうのだ。「なぜ、私の言いたいこと、あなた、わからない」なんて言われてもそんなのわからんよ。でも、彼女は日本で暮らしていたとき、文脈から推定して単語の意味をつかんでいったのだそうだ。「だからあなたも想像すればわかるはず」って言われてもねえ。

* * *

サンチアゴを発った飛行機はプエルトモンに寄って無事プンタアレーナスへ到着した。途中、プエルトモン上空では、富士山にそっくりなオソルノ山の美しい姿を見ることができた。雪で真っ白になっておりそれはそれは美しい山だった。このまま後回しにして通り過ぎてしまうことが残念なくらいだった。それでも、後のお楽しみができてなんだか嬉しくなった。これから先の旅が楽しくなりそうだった。

ちょうどいい季節なのだろう。ここにも、チリに住んでいると思われる日本人家族が旅行していた。小学生くらいの子供を連れていた。荷物が出てくるのを待ちながら様子を見ていると、どうやら旅行会社の迎えがあるようだった。

私はもちろん自力で町まで行かなければならないが、「飛行機に合わせて地元の会社がバスを走らせている」という情報しか持っていない。外に大きなバスが止まっていたので聞いてみるとこれはプエルトナタレス行きだという。

それもいいかもなーと思ったが次の瞬間、バスは行ってしまった。しかたがないので、うろうろ探すと小型のマイクロバスがいたので、聞くとこれがプンタアレーナス行きだった。

バスはアルマス広場からちょっと離れた、バス会社のオフィスの前に止まった。バスから降りてもホテルの客引きがいない。はてさて、どうすべ、と考えているとバスの時刻表が目に入った。プエルトナタレス行きが午後5時にあるらしい。どっちみちプンタアレーナス観光より先にプエルトナタレスに行こうと思っていたので、このまま行っちゃうってのもいいなあと気持ちが傾いた。

それに、プンタアレーナスは想像以上に田舎の淋しい町だったので、なんだかまた移動したい気持ちもあった。ここはなんだか気持ちをわくわくさせるものがないのだった。そういうわけで、決心すると、早速、プエルトナタレス行きのバスのチケットを買った。プエルトナタレス到着は午後8時頃。まだ明るいはずだ。

外はちょっと寒くて、バス会社のオフィスの中は暖房が入っていた。オフィスに荷物を置かせてもらって、近くのスーパーにおやつを買いに行った。

5時に会社のオフィスの前を出発したバスは、ちょっと走って別の旅行代理店の前に止まった。そこからかなりの数の旅行者が乗ってきた。やっぱり、旅行者はたくさんいるんだな。いよいよバスはプエルトナタレスに向けて出発だ。

と、思ったら空港に舞い戻ってしまった。空港と町の往復分を損したが、まあ、そういうことはよくあることなので、気を取り直して? プエルトナタレスへ出発だ。

どんよりとした雲りの天気の中、羊や牛が群れる草原の中をを3時間半ほど走り、プエルトナタレスの町に到着した。例によって到着したのは町の中心からちょっとはずれたバス会社のオフィスの前だった。

宿の客引きが来ていたが、客引きについていくとろくな宿にありつけないと決めてかかっていたので、迷わず町の中心に向かって歩きはじめた。同じようにバックパッカーの2人組が前を歩いていた。町はいよいよ小さくてちっぽけだった。

この町のアルマス広場はちょっと趣が異なる。中心には赤と黄色に塗られた機関車が置いてあり、広場全体には緑がたくさん植えられている。広場というよりむしろ公園に近い。普通は広場を中心に主要な施設が集まってにぎやかなはずだが、この町の一番の繁華街は広場からちょっとはずれた所にある。

広場を通り過ぎて、目指すところはロンリープラネットで探したホテルナタリーノという宿である。バストイレ付きだがちょっと狭い部屋で一泊12000ペソということだった。板張りの床と壁で、部屋の中は暖房が効いていて、スキー宿みたいな感じだった。

時間は9時近いが外はまだまだ明るい。夕食を食べに出かける。La Tranquera という店で2600ペソのサーモンを食べた。歩き方に載っているレストランだからかどうかしらないが、入り口の所で日本人の女の子とすれ違った。この町ではかなりな数の日本人とすれ違った。パタゴニアへの拠点であるせいか、プンタアレーナスよりもプエルトモンよりもずっと多かった。「氷河」と「ペンギン」はやはりそそるものがあるのかしらん。そーゆー自分も「氷河」と「ペンギン」を見に来ているのだけれど。

サーモンを食べていると突然、けたたましい警笛を鳴らし続けるピックアップが何台も前の通りを通過した。荷台には大勢の若者というか子供が乗っていて旗を振り回している。一瞬何事かと思ったがすぐにわかった。サッカーの試合が終わったようだ。こんな田舎で試合があったのか、プロの試合があったのか、学校の試合の応援なのか、それともひょっとしてテレビを見ていただけか、なんだかよくわからないが、とにかく南米に来ていることを思い出させる光景だった。が、なんといっても田舎だし、夏なのに寒いし、町の中はあんまり盛りあがっていないようだった。

食事が済むと周辺の旅行代理店を物色しつつ宿へ帰った。時間は10時前なのにまだまだ明るかった。結局、11時まで外は明るいようだった。

 
チリ

パイネツアーはどうやって探す?

How to find a Paine Tour ? post_monchan Sun, 06/21/2009 - 21:35

22 December 1997 (Mon)

Today, I will find a tour to the Paine National Park. There are many travel agents in the town, go back and forth for a while do I do not know which one is good. Then, I entered a some travel agent it looks good. But there is no chance to speak so crowded many local people came to exchange money. In addition, they don't speak English, I had discouraged already. Some local guy translated what I want, and I said to go a different place.

The guy take me to SERNATUR tourist office. Of course, there was a very kind and able to communicate in English. "To go to Paine", I said, and They told me to come here at 7:00 am. Paine tour costs 12,000 pesos. The tour doesn't go to the Grey Glacier.

To go to the Glacier, I have to stay overnight in the Park, and walk three or four hours. They also have a tour to walk on the glacier. Hmm, I don't want walk on the glacier, and I don't like a hard tour. Walking Glacier Tour costs US $84. I asked how many people go, and he said "No, the tour is only for you". Eventually I decided not to join the tour. By the way, if you go to the glacier, 7,000 pesos for a regular bus, and 7,000 pesos for an accommodation at the shelter cabin called Refugio.

I understood it is hard to go to the glacier, and I think a little more, I went out SERNATUR and find out the different agents.

Next agent, Tours Mily's owner doesn't speak English, but young girl speaks English well. Many tourists who speak only English come, and she is for them.

Paine tour is 12,000 pesos. I said, "I want to go to the glacier, but I heard its hard to close the glacier". So, she introduced me a tour to the Serrano glacier. The Serrano glacier is in a national park accessible only by a boat, and I can go near the glacier. "Tomorrow, go to Paine, the day after tomorrow, why not go to Serrano", She said. I decided to go the both. The boat tour to the Serrano is sold only this agent. Serrano tour costs 20,000 pesos.

I paid both by credit card. It is 32,000 pesos. It's terrible if this is charged in U.S. dollars. I confirmed that it is charged in pesos. In Chile, every charging by credit card is in pesos.

Well, Today's job is done, take easy rest of the day.

I exchanged some money. At a money exchange shop called Stop Cambio, US $1 equals 422 pesos. In Santiago city, it was 435 pesos, it is so-so, not so different from Punta Arenas , or Puerto Montt.

I bought foods at the supermarket, checked the time of the bus, walked a little town, looked souvenir shops, and check a harbor for the tour of the day after tomorrow.

It's Christmas, it seems a number of buses is few. I quickly bought a morning bus ticket. it's 3,000 pesos.

 

パイネ国立公園へ

パイネ国立公園へ post_monchan Sun, 06/21/2009 - 21:38

12月23日(火)

ミロドン洞窟

ミロドン洞窟

今日のツアーは朝7時半にホテルに迎えが来ることになっている。朝食はいつも宿のご主人が用意してくれる。ホテルナタリーノのご主人は英語を話さないが、かまわずスペイン語で話し掛けてくる。それもかなり話し好き、世話好きらしくぺらぺらといろいろなことを話してくる。二階に共用の明るいリビングがあるよとか、そこに日本語の本があるとか、そういうたわいもないことなのだけれど、なんだかとってもいいおやじだった。

ツアー用の車はバスではなく座席が3列もあるようなRVのでかいやつだった。まず、パイネへ行く途中にあるミロドン洞窟という所へ寄った。ミロドンというのはこの洞窟で発見された動物の名前で、その動物を復元した像が洞窟のなかにある。ミロドン洞窟の入場料1600ペソはツアー代とは別である。

洞窟といっても入り口の幅も高さも数十メートルあり、奥行きもそうあるわけではないので、中も明るくて、あまりおもしろいところではなかった。だだっぴろい洞窟の中を一回りしてくるように道ができている。入り口付近にミロドンの像があるのだが、体は熊のようで、顔はもう少し細長い。口元は馬に似ているかも。

どうでもいいような洞窟をあとにして、パイネ国立公園へ向かう。

Paine national park by Ik T

Paine national park by Ik T uploaded on 27 May 2006

ガウチョ

途中の景色のいい所で車を停めて、写真を撮ったりしていると、犬を3匹連れて馬に乗ったおじさんがやってきた。馬の脇腹には赤い色をした肉をぶら下げている。この人がガウチョだそうだ。ぶら下げている肉は羊の肉だとのこと。ガウチョのおじさんは暖かそうなチョッキを着て、ベレー帽みたいな帽子をかぶっている。帰りに別のガウチョにも会うのだが、やはり犬を3匹連れていた。しばらく観光客に写真を撮らせてくれて、ガウチョのおじさんはさっそうと去っていった。かっこいい。

Guanaco in Paine Natioanl Park by Ik T

Guanaco in Paine Natioanl Park by Ik T uploaded on 27 May 2006

グアナコの群れ

途中、グアナコの群れに出会った。最初はグアナコなんてわからずに、これビクーニャか?なんて聞いてしまった。ビクーニャは希少動物で保護されていてそうそう会えるわけではない。(でも、グアナコとビクーニャとリャマとアルパカはみんな似ていてごっちゃになってしまう。)

警戒しているのか、興味があるのか、カメラを構えているとキョトっとした目でこちらを見る。特に子供のグアナコは不思議そうにこっちを見ている。なんとも愛敬のあるやつだった。

パイネ国立公園の入場料は6500ペソだった。公園の入り口の所でキツネに出会った。が、いやに人間に慣れており、どうやら餌付けされているようだった。

ペオエ湖 Lake Pehoé - Paine N.P. , Chile by Ik T

ペオエ湖 Lake Pehoé - Paine N.P. , Chile by Ik T uploaded on 23 May 2009

ペオエ湖

ペオエ湖という湖にやってきた。ここから、我々のツアーでは使わないが対岸への遊覧船が出ている。大勢のトレッカーたちが船を待っているようだ。近くにある滝を見に行ったら、日本人の若者に会った。やはり船を待っている所だそうで、大きなバックパックをしょっている。なんでも、4日間、この公園内に滞在するそうだ。食べ物さえあればもっと長く居られるのだがそうもいかないからとのことだ。宿の心配はないらしい。

公園内に滞在するには何個所かある避難小屋(レフジオ)に泊まることになる。夏は大変混雑していてなかなか泊まれないなどとガイドブックには書いてあるが、12月のいまだと、まだそんなに混んでいないようだ。

Torres del Paine by Ik T

Torres del Paine by Ik T uploaded on 27 May 2006

パイネ峰

パイネ峰は、二つの尖がった形の山の間を氷河がえぐるように流れているという、ちょっと変わった形なので一目見ると忘れない。周りの山々は雪を白くなっており、氷河もそこかしこにある。パイネ国立公園はそうした山々と氷河によってできたたくさんの湖とでできていると言ってよい。あたりは湖だらけで、車はそうした湖と湖の間を縫うように走るのだ。

ペオエ湖を通り過ぎて、グレイ湖へ向かう。ペオエ湖は青みがかった緑色をしたとても美しい色の水をたたえた湖だった。イースター島の海の色も美しかったが、ここの湖の色も大変美しい色だった。プエルトモン周辺にも美しい湖が多いのだが、こちらはこちらでもっと濃い青色をしている。

カフェのようなところで休憩しているときに、突然中年夫婦に話し掛けられた。私がカナダのバンフで買った服を着ていて、胸に「バ・ン・フ」と書いてあったからだった。

「バンフに行ったことがあるの?」

彼女らはフェアバンクスに住んでおり、数の子漁の仕事をしているとのことだった。日本にも輸出しているらしい。夫婦で、バンフはもちろん、世界中あちこちに旅行にいくようだ。日本にも行ったことがあり、築地の市場を見学したそうだ。

「数の子があったわ、私たちのかどうかはわからないけど」

アラスカといえば、オーロラ。オーロラは見えるの?と聞くと、家から見えるという。なんて素晴らしい。

「へぇー、すごいすごい。オーロラって一年中見えるの?」

だが、これはちょっと馬鹿な質問だった。

「うん。いや、夏は見えない。夏は夜も明るいからね。白夜だから」

そりゃそうだ。

旅の楽しみのひとつは世界中のいろいろな旅行者と話をすることだと思う。こういうタイプの夫婦の旅行者はどういうわけか欧米人に限られていて日本人にはなかなかいない。

グレイ湖 Lake Grey  - Paine N.P. , Chile by Ik T

グレイ湖 Lake Grey - Paine N.P. , Chile by Ik T uploaded on 27 May 2006

グレイ湖

車はグレイ湖のそばまでやってきて、いよいよグレイ氷河から割れ落ちてグレイ湖に流れてくる流氷を見に行く。車を降りて林の中を少し歩くとグレイ湖のほとりに出る。ものすごい強風だ。氷はかすかに青白い色をしている。50円くらいのソーダアイスの色に似ている。

氷までの距離が遠いせいか、曇り空でさえない色をしているせいか、流氷を見た最初は「ふーん、こんなもんか」という印象だった。

吹き荒ぶ風の中、転がっていた大きな流木を風除けにして、流氷を見ながらお昼ご飯を食べた。お昼といっても昨日スーパーで買ったパンといわしの缶詰とジュースである。ツアーにお昼は付かないし、他の人たちは食べ物を持っている風には見えないのだが、いったいどうしているのだろう。ひょっとするとお昼は食べないのかもしれない。

天気は曇り空。風が吹き荒び、わびしい食事をしながら青白い流氷を眺める。想像していたのとはかなり違う氷河見物になったが、まあそれでもこの不思議な光景は印象に残った。

湖の遥か向こうにはグレイ氷河が見える。あそこまでいけばなかなか楽しそうだが、なにしろ歩いて3時間もかかる距離だ。

湖のほとりは砂浜になっていて、浜沿いに少し歩くと岬のように山が湖に突き出ている所があった。そこに登れるように道ができているので、上まで登ってみると流氷群を上から見ることができてこれはなかなか見ごたえのある景色だった。岬の先の方までいくと、流氷に近づくことができる。流氷は遠くにあるほど大きく、岸に近いと小さいから、岸から遠くのりっぱなやつを見ることができてちょっとうれしい。遠くのグレイ氷河もいくらかはっきりと見える。

そうしているうちに集合時間が来てしまったので、急いで帰ることにした。車までの帰り道が相当あることを忘れてしまい、途中少し走って5分くらいの遅刻だった。どうせみんな集合時間はいいかげんだろうと思っていたら、とんでもない。日本人の私以外は全員座席に座って待っていてくれたのだった。

行きはあちこち寄りながら来たので知らぬまに着いてしまったような気分だが、帰りは何時間もひたすら車を走らせて町を目指す。ツアーのメンバーも眠ってしまったりぼんやり窓の外を眺めて静かにしている。途中、1回休憩して、やっと町にたどり着いた。

ほんのさわりだけだったが、雄大な景色を存分に味わうことができて、なかなかいいツアーだった。さらに時間をかけて公園の中を歩き回ればどんなに素敵だろうかということは容易に想像できる。本格的なトレッキングをする人たちにとってはこたえられない楽しさだろうなと思う。明日のセラーノも楽しみだ。

 
ガウチョ Wikipedia
つまりガウチョとは混血住民のことであって職業名ではない。職業としての牧人はバケーロである。このおじさんがほんとのガウチョだったかはいまとなっては不明。
 
チリ

セラーノ氷河を見に行く

セラーノ氷河を見に行く post_monchan Sun, 06/21/2009 - 21:42

1997年12月24日(水)

今日のツアーは、8時45分に港に集合なので朝は少しゆっくりできる。21 DE Mayo という船と A. DE AGOSTINI という船の二隻で出かけるようだ。私は、A. DE AGOSTINI という大きいほうの船だった。

途中、シーライオンが見られるとのことだったが、小さな島の岸壁の海から2メートルくらいの高さのくぼみに一匹いただけだった。うじゃうじゃいるところを想像していたのに。ちょっとがっかり。おまけによくあることだけど、遠くてよく見えない。

途中、コンドルが巣を作る場所があるとのことだったが、たかーい岸壁のはるかかなたに3羽のコンドルを発見できただけだった。まあ、よくあることだが小さくてコンドルだかなんだかよくわからなかった。

とはいえ、飛んでいるときの姿はまさしくコンドル。羽の先が3つに分かれていて「おおっ、」と思わせるものがあった。

途中、なんとかいう鳥がうじゃうじゃいた。ロンリープラネットによれば cormorant (鵜)だそうだ。なんだかわからないがうじゃうじゃいたが、あまり見てて楽しい鳥ではなかったらしく、あまり記憶にない。

そうこうしているうちにセラーノ氷河までやってきた。ここで陸に上がって、歩くこと10分ほどすると、セラーノ氷河の終端、氷が水に落ちるところにやってくる。グレイ氷河のときと違って今度は間近に氷河を見られるので、わくわくする。

で、その氷河の印象だが、一言で言えば「ばっちい氷のかたまり」である。昨日の流氷も少し汚れていたが、こっちはもっと泥汚れでばっちい。東京あたりに大雪が降って、2、3日たったあとの汚い雪のかたまりといったふうである。氷なんだから表面がきらきら光っているのを想像したのだが、ぜんぜんそんなことはなく、ざらざらとした感じで氷というよりは雪だなあれは。これは、昨日の流氷も同じである。

何日も、いやいや何年も雨風にさらされていたのだから当然といえば当然だが、かなり侵食されて、ちょうど犬歯が何列にも並んでいるような感じである。これだと、氷河の上を歩くどころの騒ぎではないなと思った。第一えらく勾配が急で、かなりな急流なのだ、この氷河は。

そのうちの一つがどどどっと崩れ落ちて離れていくのだろう。それを期待したのだが、見ている間まったく何も起こらなかった。

氷河はどれくらいの速度で流れるのだろう。一年に数十センチだったか、そんなものだろう。今見ている氷は、何千年も前にできて少しづつ流れて、今、ようやく氷河の端にたどりついて水になろうとしているところだろう。

とまあ、そういうふうに考えれば少しは感慨もわくというものだ。悠久の時の流れと人生の短さとを比べてしみじみしながら、相変わらず貧しいお昼ごはんを食べるのだった。

* * * * * *

プエルトナタレス、プンタアレーナス、それにプエルトモンとかチロエ島でもそうだったのだが、食堂のメニューはえらく単純だった。だいたい、肉か魚。肉ならたいていローストチキンかビーフステーキだ。魚は、サーモン、コングリオ、たらなど。コングリオというのはアナゴだそうだが、むしろたらに似ていて、硬く身がしまっていておいしい。チリでよく食べる魚である。

店にもよるがメインディッシュには付け合せはなく、別に注文しなければならない。だいたい、ポテト、トマト、アボガド、ライスのどれか。特に凝った調理はせずに、トマト、アボガドはそのままスライスしてでてくるし、ポテトはフライドかマッシュかベイクド、ライスは塩味がついたもの。

メインと付け合せだけで$7~$8するので、これと飲み物だけという人が多い。チリは夕食が質素なのだ。野菜が足りないような気がするので、トマトスープとか、アボガドスープとかを付けて、$10くらいというパターンが多かった。レストランの値段は高めなような気がする。

ところで、緑茶を持っていったので、宿でお湯をもらって淹れてみたのだが、どうもおいしくない。やはり、水が違うということなのだろうか。あまりにも期待はずれなのでちょっとがっかり。

 
オタリア Wikipedia
シーライオンといっているのはこれ。英語ではSouth American Sea Lion。Sea Lionとはアシカ科の動物全般を指す言葉で、オタリアはアシカ科の一種。
 
チリ

プンタアレーナスでペンギンツアーを探す

Looking for Penguin Colony Tour at Punta Arenas post_monchan Sun, 06/21/2009 - 21:45
Sara Braun’s Palace - Punta Arenas

Dec 25, 1997 (Thr.)

I waked up early, took simple breakfast of bread and coffee. I checked out soon, not to miss a bus at 8 o'clock. At the front, I needed CLP 48,000, I took out four 10,000 notes, and counted 1,000 notes, but I had only five 1,000 notes, so I added one more 10,000 note. The owner of Hotel Natalino said, "OK, OK". He discounted CLP 8,000. Wow!

We didn't understand languages each other, but anyway we communicated. The owner was aged person, and very good guy. Hotel Natalino was a little expensive, but I didn't know what was a reasonable price at Puerto Natales.

* * *

The bus drove for Punta Arenas with few passengers. It's Xmas, so few buses were leaving from Puerto Natales. The bus ticket was CLP2500 for coming, and CLP3000 for going. I'm not sure it's due to Xmas price, different bus company, or grade of a bus.

At Punta Arenas, I stayed Hotel Monte Carlo. It's CLP 7900 for shared bath, without breakfast. I used room for twin. It's floors and stairways were made of wood, it's the same as Japanese traditional hotels 'Ryokan'.

I left my language in the room, had a cup of coffee at a restaurant on 1st floor, then went out to have a lunch. But town was empty, every shops and restaurants were closed. Finally I found a restaurant at a street few blocks away from the square. There were no restaurant open, local people came to there by car.

I had nothing to do. I checked travel agent for Penguin Colony Tour and Laundry on Lonely Planet, and then read a book at the hotel.

 

Dec. 26th 1997 (Fri.)

Today's job was finding a Penguin Colony Tour.

I took a hot-dog at a restaurant 'Kalipso' near the hotel. In Chile, completo means hot-dog. It's a very different from hot-dog in coffee shop such as Doutor in Japan. It served with diced tomato and avocado paste on a sausage. I stay there long time with Café con leche.

There two penguin colonies near Punta Arenas. "Arukikata" describes one of them, "Seno Otway". Another is Monumento Natural Los Pinguinos, which is located at Isla Magdalena.

Lonely Planet said Isla Magdalena was larger and more interesting. At Seno Otway, people see penguins from outside of rope, but at Isla Magdalena, people can go near the penguins. A person at Turismo Comapa which had Tour of Isla Magdalena said the same thing. So I applied the tour for Isla Magdalena. US$30. The tour leaves a port at 3 o'clock tomorrow.

I went to the laundry. It's CLP 3360.

Punta Arenas was a smaller town than I expected before. There were few small museums and not so many sights of seeing.

I had nothing to do again, so I went to Zona Franca. Zona Franca means Free Zone (Duty Free Zone). "Arukikata" said everything is sold here, surprising at its scale, but don't think shopping malls in US or Japan.

You don't need to go there, except if you have nothing to do. I couldn't find good souvenir at there. Lonely Planet said, "If your camera was stolen, you can get new one at here".

 
Completo
Completo! by Cristian Cortés

Completo! by Cristian Cortés uploaded on 21 Apr 2007


by MrCortes
 

マゼランペンギンを見に行く

Going to see Magellanic Penguin post_monchan Sun, 06/21/2009 - 11:26

Flickr photos from the album.


Magellanic Penguin
-->

27 December, 1997

I arrived at harbor earlier, but there is no ship. Soon after, a car ferry came and drop many tourists and tracks off. Most of tourists have large baggages, so it may come from south city far from here.

Which ship should we take? It was found that we should take this ferry. Wasted space for cars, the ferry was headed to the island of penguin colony with some tourists who want to see penguins. There is a shop to get drinks and snacks, and TV set to pass the time on board. It is similar to the Tokyo Bay ferry. It is nothing unusual to say until we get to the island.

Approaching the island, we're gathering near the exit. Suddenly, I found something streamline object jump on the water... It was penguins.

Little excited, Oh that's penguins! I told it to children nearby, but they just nodded calmly. It's only myself excited. When the ferry arrived the island, everyone seem to be excited to see penguins as well as I was.

On the island, there are a lot of penguins, but tourists are only able to walk around a beach. There is a rope stretched at 10m from the beach, and tourists couldn't go inside.

The penguins here are named Magellanic Penguins. The length is about 80cm. They made the nest by digging a hole at intervals of 3-4m inside the rope, and raising children. They have to go to sea for taking food, so the penguins are going out of rope, and coming back from sea. Since it's a craggy stones rather then sand on the beach, for shot-legged penguin it's difficult to walk. It's very cute while they waddling and sometimes falling down. They try to go out of the rope when human is not nearby.

If human approaches them, they ran away at a frightening pace. They are not too afraid of human, It is OK if they can keep some distance. They're staring at human rather curious. Some tourist seriously try to take a picture, but if they close to penguins, they ran away.

Penguins are vigilant out of rope, but they seem to understand that human don't come inside the rope, they are relaxed in the rope even it is just inside the rope. Some penguins made their nest just inside the rope, and the nests are observed in humans from nearby. Is it convenient to go to sea?

It was good penguin tour that I coulnd see overwhelming number of penguins and their nests.

 
I applied to Isla Magdalena Penguin colony tour on the previous day at a travel agency in the town of Punta Arenas. It was US$30. Tour starts 3:00 PM in the afternoon, and late afternoon when we get to the island. It may be related a time of activities of the penguins. It is not a problem because at this season it is so bright until about 11 PM.
 

プンタアレーナスで買った物

What I bought at Puntarenas post_monchan Mon, 02/23/2009 - 17:13
チリのおみやげ by Ik T

チリのおみやげ by Ik T uploaded on 22 Feb 2009

A penguin ornament made of copper

チリのおみやげ by Ik T

チリのおみやげ by Ik T uploaded on 22 Feb 2009

Copper plate

Chile is famous for copper crafts. I found a copper crafts shop at Puntarenas, who sells nice copper accessories and ornaments to tourists.

I bought a penguin ornament and a plate. The plate describes a real monument called "Monumento al ovejero", which is located at Puntarenas.

 

オソルノ山近くへ観光ツアー

オソルノ山近くへ観光ツアー post_monchan Sun, 06/21/2009 - 22:00

12月30日(火)

朝、集合場所である旅行会社の前へ行ってみると大型のバスが2台止まっていて、なにやら騒がしい。係員に名前を言うと乗るバスを指示される。今日のツアー客の中にもペウリャからプエルトモンへ戻る人もいれば、アルゼンチンのバリローチェへ抜けてしまう人もいる。そういう人は帰ってこないわけだから一切合切の大きな荷物を持って来ている。

バスはほんの30分ほどでプエルトヴァラスというリゾート地に着いた。ジャンキウェ湖のほとりにあり、遠くにオソルノ山がぼんやりと見えている。ここは、いかにも高級リゾートといった感じで、ホテルも高そうだ。町はこぎれいで上品な店が並んでいる。

一休みしたあと、湖に沿ってペトロウエを目指す。右にカルブッコ山(2015m)、左にオソルノ山(2661m)をみながら美しい景色の中を進む。これだけ近くに二つの火山が並んでいるところは世界でも珍しいんだぞとかなんとか言っていた。確かに左右それぞれにそれなりにりっぱな火山が見えて、ちょっと贅沢な気分がしないでもない。

Mt. Osorno by Ik T

Mt. Osorno by Ik T uploaded on 28 Jun 2009

オソルノ山

しばらく走りつづけてやっとバスが止まったところはペトロウエ滝というところだ。といってもそれはあとからガイドブックと照らし合わせてわかったことだけど。バスを降りると集合時間を聞いて、森の中へと歩いていく。ふと振り返ると、、、あぁ、すごい、オソルノ山がこんなに近くに見える。

いつのまにかこんなに近づいていたのだ。オソルノ山はチリ富士ともいい、といっても言っているのは日本人だけかもしれないが、それはそれは美しい山だ。

チリ

プエルトモンの街を歩く

プエルトモンの街を歩く post_monchan Sun, 06/21/2009 - 21:57

1997年12月28日(日)

今日は、プエルトモンに移動する日である。空港までのバスを出している代理店へ行くと、ペンギンツアーで知り合ったアメリカ人女性と出会った。

彼女はマイアミに住んでいて、一人で3週間、チリだけを回っている。日本からわざわざ来た旅行者からみると3週間もあるのになんてもったいないと思う。しかも、イースター島へは行かないのだという。

そういうふうに言うと、「また、何度でも来るから。マイアミからは安い飛行機がいっぱいあるし」という答えが返ってきた。想像するに、アメリカ人にとっては南アメリカは日本人が東南アジアへ何度でも出かけていくのと同じような感覚なのかもしれない。一回の旅行でひとつの国、他の国はまた今度というわけか。

どういうわけか日本の景気が悪いという話になり、「円が弱くて大変ねとか、失業率はどれくらい?」とかいう話をした。失業率は3%か4%くらいというと、「まあ、低いのね」ということだった。また、「景気がよくなるといいわね」なんていうので、「すでに我々はピークを通り過ぎたのだと思う」と答えたら、大笑いしていた。「みんな働く以外のことを考え始めたのね」だって。

* * * *

プエルトモンでは、Hotel Colina というちょっといいホテルに滞在した。町の中心に近いところにある中級ホテルで、一泊17000ペソ(朝食付き)。日本のビジネスホテル風の作りで、なんと部屋にテレビがある。

プンタアレーナスからやってくるとプエルトモンはりっぱな都会である。海に面したメインストリートは車がいっぱい走っていて、バスもひっきりなしにやってくる。ホテルの近くに3階建てのショッピングセンターがあり、2階のカフェではうまいコーヒーが飲めるし、3階はフードコートになっていてジャンクフードが食べられる。それだけのことでなんだか感動してしまった。

 

1997年12月29日(月)

プエルトモンでは、オソルノ山の近くへ行くツアーに参加して、あとはチロエ島へ行ってみる予定だ。

申し込んだツアーは、まずプエルトヴァラスというリゾート地へ行き、さらに右にカルブッコ山、左手にオソルノ山をみながらペトロウエ滝を目指す。そして、ペトロウエというところからロストドスサントスという湖を遊覧船に乗って渡り、対岸のペウリャという所でお昼を食べて帰ってくるというもの。ツアー16000ペソにオプションのランチ代5800ペソをつけた。ランチは内容からするとちと高かったような気がする。が、そもそも高そうなレストランばかりだったから自分で払っても変わらないかも。

ツアーの申し込みも済んで例によって今日はひまになった。お昼を食べにアンヘルモへ行くことにする。アンヘルモは町からちょっとはずれたところの港町で、プエルトモンへ来たからにはここのシーフードを食べないで帰ってはいけないと言われている。町からどれくらいの距離かわからないのでバスに乗る。

大通りに立ってみていると、アンヘルモと書かれたバスはたくさんやってくる。アンヘルモへ行くバスは数が多く見分け方も簡単でなんの心配も要らないことがわかった。降りる場所がわからないのだが、しばらく走っているとアンヘルモという名前が現れ両側におみやげやさんが立ち並ぶ。やがて、レストランが並んだところに来たのでバスを降りた。

さて、どこで食事をしようか。バスを降りたあたりにはレストランが並んでいる。もう少し先の方を見ると二階建ての木造の長屋みたいなのがあって、そこに食堂が入っている感じだ。とりあえず様子をみてこよう。

長屋には食堂があって、近くまでいって覗くと声をかけてくる。どこも同じような感じでどこに入ってよいのかわからない。ふと見るとさらに奥の方には市場らしきものがあるではないか。よしよし、あっちへ行ってみよう。

そこはまさに市場で、その中にしょぼい食堂が何軒か入っているのだが、客引きがうるさいうるさい。なんだか、サンチアゴの中央市場よりうるさいかもしれない。どの店もクラントという名物の煮込み料理を店先の大鍋で作っていて鍋の蓋をあけて中を見せてくれる。また、貝類が並べてあって「ウニ、ウニ」と呼び込みがうるさい。またしてもどこに入ればいいのか迷ってしまう。どこの店も同じようなものなので、あっちの店、こっちの店とあまりうろうろしていると、なんでよその店でなくてその店に決めたのかという申し訳がたたないよなあ、などと妙なことを考えてしまい、思い切って適当な店に入った。これだから、優柔不断は困る。

クラントとウニを頼んだ。まずウニが出てくる。スープ皿に10個くらい入って1000ペソ。サンチアゴの中央市場では3000ペソ?4000ペソしていた。レモンを絞って玉ねぎのみじん切りをかけて食べる。

なんだかいやに淡白で水っぽい味がする。ウニらしい舌触りはない。まあおいしいといえばおいしいがそんなにおおはしゃぎするほどのものではないと思った。

クラントの方は大きな皿に山盛りになってでてきてちょっとびっくりした。あまりの量の多さにこれは大変なことになってしまったと、びびる。内容は、大きなジャガイモがごろんごろんと2、3個と長さ5cmくらいのムール貝みたいな長細い貝が15個くらい。それに柔らかく煮た豚の塊がほんの少しとソーセージ。

これはきっと食べきれまいと一緒に出されたパンには手を出さないようにしたのだが、食べてみるとなんとか胃に収まったので一安心。ちなみに私はどちらかといえば小食なほうである。量は多かったが味はというと感激するほどうまくない。なんだかはずれたかなあと思いながら店をあとにした。

店を出てしばらく歩いたところで日本人の若者に会った。市場の中の食堂がよくなかった話をすると、「でしょ。僕も最初は市場の中で食べたんですけど、さっき食べたこっちの食堂の方がおいしいですよ」と、食堂が集まった長屋を指す。結局、食堂長屋と、それに道路沿いのレストランにも行ってみると、おいしい順に、道路沿いのレストラン>食堂長屋>市場の中の大衆食堂となるような気がする。そして、値段もこの順になるような気がする。

この若者は船でプエルトナタレスまで行くのだそうだ。Navimagという会社が運航するこの船は大変混み合っていてなかなかチケットが取れないらしい。どうやって取ったのか聞くと、プーコンというリゾート地で知り合ったペンションを経営するドイツ人がインターネットで取ってくれたのだそうだ。どうしてもチケットが取れなくてあきらめていたところなので助かったということで、なんだかよくわからないがそういう販売ルートもあるらしい。

プーコンは簡単に言うと新興リゾート地でトレッキングだのラフティングだののアクティビティが充実したところであるようだ。歩き方には載っていないがLonely Planet には載っていた。彼は出会った旅行者に薦められて行ってみたらしく、欧米人の間では評判がいいようだ。話を聞いた限りでは「お金をかけていろいろな遊びをする場所」という感じなので、日本人がはるか彼方のチリという国に求めるものとは違うのだろう。日本人にとってはパタゴニアとイースター島とアタカマ砂漠が重要なのではないだろうか。

すぐに船に乗る彼と別れてホテルへ戻ることにした。思ったより近いので帰りは歩くことにした。

 
料理
チリ

1997年最後の日暮れ、チロエ島にて

1997年最後の日暮れ、チロエ島にて post_monchan Wed, 07/01/2009 - 21:25
Ancud, Chiloé Island

1997年の大晦日に、私はチロエ島のアンクーという小さな街にいた。パタゴニアからプエルトモンに戻り、サンチアゴからイースター島へ向かうまでの間どうしようかと考えた末、チロエ島を訪れることにした。

アンクーはとても静かで穏やかで人通りも少なく、ちょっと寂しい感じの街だった。にぎやかな繁華街があるわけでもなく、店も閉まっており、何かイベントでもあるかと思ったがそのようなこともなく、ただただ静かに1997年が終わり、そして新しい年を迎えた。

泊まったところはいわゆる民宿のようなところで、宿のおばさんやその友人たちとお茶を飲み、少しだけおしゃべりした。少しだけというのは、いかんせん英語が通じないのでもうどうしようもなかったのだが、とはいえ暖かい気持ちになった。

チリ