USA1985 - ワシントン、デイトナビーチ、ニューオーリンズ

Last edited on 2011/09/18 - 23:27

Washington, DC 1985年3月8日

ホワイトハウス

ホワイトハウス

反核の立て看板

反核の立て看板

ワシントン記念塔

ワシントン記念塔

リンカーン記念館

リンカーン記念館

ボストンから夜行バスでワシントンへ移動。思えばこの頃は体力勝負の旅行だった。この旅行では3日に1回は夜行だった。この日もなんだかとても眠かった。

ホワイトハウスの前には反核の立て看板があった。アメリカってすげーと思って撮ったのだけれど、今見るとNorman Mayerの名前がある。有名な反核の活動家だったらしい。

ワシントン記念塔に登った。エレベータのお姉さんがやけに陽気で、そのほかいろんなところでみんな陽気で、アメリカ人っていいなあと思ったのを覚えている。

リンカーン記念館はとにかくその予想を上回る大きさに驚いた。

一日ワシントンを見学したあと、そのままバスでジョージア州の街、サバンナへ向かう。2夜連続の夜行バスだ。南ジョージア大学に知人がいたのでそこに寄ってから、デイトナビーチへ向かう。

Daytona Beach 2005年3月12日、13日

デイトナビーチのモーテル

デイトナビーチのモーテル

デイトナビーチの様子

デイトナビーチの様子

ちょうどスプリングブレイクだとかでデイトナビーチは超混雑。でもなかなかよいモーテルに泊まることができた。確か1泊$30で今からすれば超安い。着いたのは夜で、いきさつはよく覚えていないがバスディーポからアメリカ人の高校生っぽい女の子と相乗りでタクシーでビーチへ向かう。どうやってモーテルを見つけたのかも覚えていないが、とにかくわずかに空いているモーテルをとれた。

翌日、モーテルのおばさんから「また日本人が来たわよん」とお知らせがあった。

ここではモーテルのプールで持ってきたFMラジオで音楽をかけてひたすら昼寝。食事はスーパーで食材を買ってサンドイッチを作ったような気がする。キッチン付きの部屋だったので、夜は肉を焼いた。思えばこの頃はひたすら貧乏であった。ちなみにプラザ合意の前だよ。

それから春にしてはものすごい暑さでモーテルのおばさんが「Sunshine is crazy!」と言っていたのを覚えている。

泊まったモーテルはMonte Carlo Beach Motelという。ネットで調べてみるとそれらしいページは見つかったが、Google Earthで見ると空き地になっている。その周辺、なぜか空き地が多い。再開発の途中かもしれない。

デイトナビーチの地図

New Orleans ー1985年3月14日

ミシシッピ川

ミシシッピ川

St. Louis Cathedral

St. Louis Cathedral

Pat O'Briens Bar

Pat O'Briens Bar

デイトナビーチでゆっくり体を休めた後は再び夜行バスでニューオーリンズへ。観光船の代わりにミシシッピ川の渡し舟を往復し、路面電車に乗って、フレンチクォーターを散策。

Pat O'Briens Barというハリケーンカクテル発祥のレストランでハリケーンカクテルを飲んだ。グラスをお土産にもらえるというので持って歩いたが、どこかで割ってしまったと思う。

それからオイスターバーで生牡蠣を1ダース食べる。たぶん生まれて初めてだったかも。こんなに美味しいものだとは知らなかった。