ミャンマーの柳生一族

歴史空想小説かと思うようなわけのわからないタイトルだが、現在のミャンマーの社会を江戸時代に例えて、取材旅行の監視として同行した軍情報部を柳生一族に例えたということだ。これが妙に説得力があって、ああそうだったのかと納得してしまうのだが、まあ、それはそのように書いているからだろう。本当に現在のミャンマーの政治情勢が江戸幕府になぞらえた理解であっているのかどうかはよくわからない。

そうは言っても、そうそう単純でないミャンマーの現在までの経緯がわかってよかった。アウンサンスーチー女史についても日常的にメディアから得られる印象だけでない理解が得られてよかった。

なんだか、ミャンマー社会を書いた堅い本であるかのような書き出しになってしまったが、高野秀行の旅行記であるからそれはもう面白い。