リャマ、グアナコ、ビクーニャとアルパカ

Last edited on 2014/02/15 - 12:35
1997/12/22 - 11:00 - グアナコ cguanaco
パタゴニアで出くわしたグアナコの群れ

南米に行ったときに、ペルーにはリャマがいた。マチュピチュにもいたので驚いた。パタゴニアにはグアナコがいた。他にアルパカというのもいるし、アンデスの高いところに行くとビクーニャというのもいるらしい。

なんだか似たようなのがいろいろいるので整理した。

まず、どれもラクダ科の動物である。で、ビクーニャ属に属するのが、ビクーニャとアルパカ。リャマ属に属するのがリャマとグアナコである。

1997/12/15 - 00:00 - マチュピチュにもリャマがいた。
cllama at Machu Pichu
マチュピチュにいたリャマ
2005/03/22 - 20:23 - Vicuna on the slopes of Chimborazo, Ecuador ©Vicuna
稀少動物ビクーニャby Elizabeth C
やっぱりかわいいアルパカ
by lamazone

ビクーニャとアルパカは毛が有用である。特にビクーニャは稀少価値が高い。もちろん見たこともないからどんなものなのかわからない。アルパカの方はそうでもない。

アルパカとグアナコは大きさがおなじくらい。ビクーニャはもっと小さい。リャマはもっとでかい。

マチュピチュやクスコ近郊で見かけるのがリャマ。アルゼンチンに世界のグアナコの95%がいるらしい。逆にアルパカはペルーやボリビアにいるらしい。ビクーニャはめったに見かけない。