アンコールワット

Last edited on 2009/05/25 - 23:22
画像: アンコールワット
投稿者: 伊東 照司
出版社: 山川出版社 (1993)
装丁: 単行本, 220 ページ
私の評価: 
5

モノクロの写真集だが、解説もたっぷり書いてある。1960年代からの写真が集められており、非常に興味深い。実際にアンコール遺跡に行ったことがあるならば面白く読めるだろう。今は見られない像の写真もあるし、また、今よりもきれいだったころの写真などもあり、自分で撮ってきた写真と見比べても面白い。

プリア・ヴィヘア (カオ・プラ・ヴィハーン)というタイとカンボジアの国境にある遺跡についても詳しく図解されており、いつか行ってみたいと思う。

プリア・ヴィヘア寺院は、カンボジアから世界遺産として申請され登録された上にタイとの間で国境紛争になってしまっていて、今大きな話題になっている。カンボジアのものだと行ってもタイ側からしか行けないんじゃなかったかと思うのだけれど。