トリノのレストランにて

Last edited on 2017/04/27 - 21:30

2012年のある日のこと。

3週間ほどUKに滞在した後、トリノに用事ができた。やった、イタリアだ。

なんといっても楽しみは食事だ。

1泊しかしないので夕食は一度きり。ところが日曜日だったので閉まっているところも多いらしい。ホテルのフロントでどこへ行ったら良いか尋ねる。Aironeへ行けと即答された。ホテルのすぐ横にあるらしい。

イタリアの夕食は遅めらしいので夜8時過ぎに出かける。入ってみると「ボナセーラ、ボナセーラ」と迎えてくれる。

ボンゴレとカジキマグロのグリルにサラダを付ける。ボンゴレはUKのふにゃふにゃなパスタと違って本物の味がした。カジキマグロのグリルはシンプルだがおいしいってこういうことだろって味だった。サラダにはバルサミコとオリーブオイルを持ってきてくれた。

ハウスワインを飲みながらまともな食事ってこういうのだよなと思った。

食後にコーヒーを頼んだらエスプレッソが出てきた。

とてもいい食事だった。明日はドイツに行って豚肉の塊をくらう、たぶん。