クスコからリマへ戻る - 12月16日(火)

Last edited on 2014/02/20 - 20:35

Rさんへの手紙:

Rさま、南米&タヒチ&ハワイの旅、39日間、お一人様 325000円(エアーのみ)に来ております。ここはクスコです。クスコというところは意外にあか抜けた街で、アルマス広場の周りにはおしゃれなカフェやレストランが並んでいます。バックパッカーパラダイスに出てくる`プカラ`は予想に反しておしゃれでハイセンスなレストランでした。(私は単なる日本人のたまり場だと思ってた。)
 
そういうわけでクスコはとってもインターナショナルな世界でも有数の観光地のようです。
 
昨日はマチュピチュへ行って来ました。日差しが強く、緑の段々畑がくっきりと目に鮮やかに入ってきます。写真で見るより vivid な感じです。周りの山々の険しさを見ると、よくもまあこんなところに。。といった気がします。発見した人もエライと思います。クスコも聞いていたほど危険ではなく、広場付近は安全です。駅周辺は危ないフンイキで、広場と駅は歩いて5-6分ですがTAXIを使いました。

12/15 クスコ

* * * * * *

いやぁーやっちまいました。何がってね、クスコからの飛行機が無事リマに着いたと思いなさいよ、え。2回目だもんだから、もう手慣れたもんでね。早速寄ってきたホテルの斡旋を完全に無視してさ、逆に「銀行どこ?」なんて聞く余裕もあったんだけどさ。で、両替してホテルはいらねえよって言ってね。いや、この手の連中に連れてかれるホテルにはクスコで懲りたんでね。ちっともよくないって決めつけてたからさ。だもんで、さっさとタクシー捕まえてミラフローレスの見当つけといたホテルに向かったわけ。もちろん、値段も聞いたさ。ベインテ。20だって。で、てっきり20ソルだと思ってさ。

いい天気で海沿いを走っていい気持ちだなーなんて思いながらホテルの前に着いたらさぁ、え、なんと、20ドルだなんていいやがってさ。がーん、しまったぁーってなもんさ。いや、別に法外な値段ってわけじゃなくてさ、エアポートタクシーの正規の値段だっていうんだ。そりゃ、最初に着いた時も18ドルだったしさ。で、しょーがないから20ドル払っちゃった。要するに、ペルーみたいなところではお金の単位もちゃんと確認しなきゃだめだってことさね。

さもないと、あんた、ドルかソルかの大ばくちをすることになりましょう。

おあとがよろしいようで。......

* * * * * *

別にこんなことが書きたくてやったわけじゃないんだが、くそー、損した。おまけにこの運転手、落ち込んだところに追い討ちをかけるようなことをしやがった。

着いたホテル El Patio は表通りに面した門がロックされていて入れないようになっている。運転手はインターフォンで何ごとかをスペイン語で話すと、こちらに向かって、「残念だね、ここは一杯だ。俺がホテルを紹介するよ」などとぬかしおった。「あにぃー、信じられるか、そんなもん」と思っている間もなくロックを解除してくれたので、さっさと中に入ることができた。

もちろん、部屋はあった。

この運転手、空港から街までの間も、「ホテルはいらないか、El Patio は高いぞ、安いホテルを知ってるぞ」とうるさいったらありゃしないのだ。

El Patio は シングル一泊 US$35 ( US$33におまけ )。静かで、きれいで、日当たりのいいテラスがあり、大変気に入った。廊下や床が木でできているところがよい。本棚があり、日本語の本が何冊か置いてあった。

もう、今日は何もしないことに決め、読書しながらごろごろしていた。