タイの暦 - タイ太陽暦

タイの鉄道の切符

昔、タイを旅したときの両替の控えと鉄道の切符が出てきました。日付がちょっと面白いです。

タイでは、タイ太陽暦という独自の暦を使っています。公式の暦なのだそうです。西暦に543年を足したものがタイ太陽暦になります。

画像は、1996年に旅行したときのものなので、タイ太陽暦では2539年ということになり、日付の「年」のところも39になっています。

タイの両替の控え

ゲルゼンキルヒェンの動物園 ー ZOOM Erlebniswelt

ゲルゼンキルヒェンの動物園 ー ZOOM Erlebniswelt by Ik T

ゲルゼンキルヒェンの動物園 ー ZOOM Erlebniswelt by Ik T uploaded on 11 Oct 2013

たいして見所のないゲルゼンキルヒェンですが、動物園はとてもいいところでした。Sバーンの駅からUバーンで5駅くらい、2.5ユーロで行けます。ものすごく広大な敷地内にアジアゾーン、アラスカゾーン、アフリカゾーンと3つのエリアがあり、それぞれの地域の動物を見ることができます。

シャルケの本拠地、ゲルゼンキルヒェンに行ってきた

ゲルゼンキルヒェン by Ik T

ゲルゼンキルヒェン by Ik T uploaded on 11 Oct 2013

仕事でエッセンに用事があったのですが、あいにくエッセン中のホテルがどこもフル。仕方なく隣町のゲルゼンキルヒェンに泊まりました。シャルケの本拠地だなんて全然知りませんでした。

ベイエリアで素敵にドライブ

7月11日

次の目的地,サンフランシスコ行きの飛行機に乗るため,ニューアーク空港へ向かった.ヒースローとはうってかわって,大変スムースなチェックインだった.

ホテルはホテルニッコー.109ドル+Tax .部屋はおそらく僕が今まで泊まったありとあらゆるホテルの中で一番豪華と言っていいものだった.

落ち着いた後は,港まで出かけて夕食を食べることになった.Ghirardelli Square というところに中華料理屋があるという.一旦ケーブルカー乗り場に行ったがあまりの行列の長さにあきらめ,てくてく歩いた.ギャラリーを覗いたりしながらぶらぶら歩いて,Ghirardelli Square に着いた.

ここには有名なチョコレート屋さんがあるんだそうだ.僕は知らなかったんだけど,Ghirardelli っていうんだって.チョコレートは入口でもらった試食用だけであとは空港で買えばいいということにし,その一角にあったマンダリンというレストランで食事した.あとでわかったのだが,けっこう有名なレストランらしい.そんなにいいとは思わなかったけど,でも落ち着いた感じの高級レストランである.

エディンバラとロンドン

7月5日

そろそろ着るものが,と思ったら,洗濯もさせてもらったし,アイロンまでかけてくれちゃって,いやぁ,今回の旅行はラクチンだ.とはいうものの,いつまでも居るわけにはいかないので,次の目的地,エディンバラに向かった.

そうそう,切符について書くのを忘れた.ロンドンからマンチェスターまでは,スーパーセーバーリターンで,確か,32ポンド,マンチェスターからエディンバラまではヨーク経由で,同じく42ポンドだった.ロンドンで,「マンチェスターに行って,エディンバラに行って,それでロンドンに帰るんだけど,どういうふうに買ったらいい」って聞いたのだが,もっとも安いのは先にエディンバラに行くことにして,エディンバラ往復を買うのだった.あたりまえかな.

しかし,マンチェスターに先に行くことは動かせないので,それならと教えてくれたのが上の買い方.エディンバラから直接ロンドンに帰るのに,マンチェスターでヨーク経由エディンバラ往復を買うのがポイントらしい.

* * *

グレンウッドスプリングスのモーテル

Motel in Glenwood Springs (1985) by Ik T

Motel in Glenwood Springs (1985) by Ik T uploaded on 20 Feb 2010

1985年にアメリカ旅行したときにグレンウッドスプリングスというところに行きました。その名の通り温泉地です。大きな温泉プールがあります。デンバーとソルトレークシティーとの間くらいにある田舎です。

1985年のVanderbilt YMCA - ニューヨーク

Vanderbilt YMCA in NYC (1985)

私の初めての海外旅行は1985年3月のアメリカです。その頃「地球の歩き方」を初めて知り、観光ガイドというよりは旅の方法に重きをおいた記述に驚き、自分にもできそうな気がしていてもたってもいられなくなり出かけてしまいました。当時は今よりも若者が大勢出かけていっており、いかに工夫して安く旅をするかといった、どちらというとバックパッカーよりの本でした。

を購読